競技規則と注意事項

競技規則

参加にあたっての心構え

  1. 競技に参加するにあたり、すべての責任は参加者自身にあります。体調管理、コース確認、装備品のチェック等、事前に必ずご自身の責任で行ってください。競技中の事故については、応急処置を行いますが、それ以外の責任は負いかねます。
  2. 一般のハイカーも歩く登山道を使って競技が行われます。競技中といえどもハイカーを優先し、道をゆずり合う、すれ違うときに事故のないように速度を落とすなどの配慮をお願いします。
  3. 自然環境での特性上、熊やスズメバチ等の人間に危害を加える動物に遭遇する可能性があります。

    山への感謝の気持ちをもって、山の動物たちを驚かせないようコース(トレイル)から外れないようにしてください。
  4. 競技の実行に影響するような悪天候や周辺環境の都合によって、競技中であっても、主催者側の判断で中止やコースの変更をすることがあります。その場合、スタッフの指示に従い迅速に行動をお願いします。
  5. 助けを求めている人、要救助者を発見した場合、競技を中断し必ず救助活動を行い近くのスタッフに連絡してください。
  6. 自分が出したゴミは、山に投棄することなく必ず自分で持ち帰ってください。競技中、補給食の包装等を落とさないように、必ずチャックのあるポケット、または袋に入れるようにしてください。

選手受付・初心者向け講習会について

  1. 前日の選手受付・講習会への参加は任意です。当日の選手受付は必ず時間厳守で行ってください。
  2. 選手受付時には、同封のゼッケン引換証をご提示いただき、必ず選手ご本人で行ってください(代理は不可)。
  3. 時間厳守としますが、選手受付にどうしても間に合わない場合は大会事務局まで事前にご連絡ください。

コースについて

  1. コースマップ(別紙)を事前によく読み、ルートを頭にいれておいてください。コースには目印となるテープ、分岐地点には矢印看板、ボランティアスタッフで誘導を行いますが、ロスト(道を間違えること)は自己責任となります。
  2. トレイルは、コース幅が大変狭く、大部分がシングルトラック(人が一人通れる幅)です。前走者を追い抜く際には、声を掛けて原則右側から追い抜かし、抜かされる側は左側に寄ってコースを譲って下さい。
  3. スタッフがコースを巡回します。体調不良、怪我等で動けなくなった場合は、近くの選手に伝え、巡回・最後尾のスタッフをお待ち下さい。

高低差(ロング24km)

ロングコース高低差表

高低差(ロング12km)

ハーフコース高低差表

試走について

安全にレースをするため、またレースの成績向上のためにも、事前にコースを試走しておくことはとても有利になります。コース図では分からないトレイルの細かなアップダウンや路面状況などを実際に走って確かめておきましょう。自分にあった最適なペース配分なども試走をすることでわかります。

装備品について

競技では選手が携行しなくてはならない装備がルールで決められています。本大会では以下の装備品を必要装備品とします。
大会側で装備チェックは行いませんが、不安な方は受付時にスタッフにご確認ください。

■必要装備品(ロング・ショート共に)

レースナンバー、ドリンク500ml以上、携帯用ボトル(コップ)またはハイドレーションバッグ、行動食、レインウェア(防寒具)※1、ファーストエイドキット(ガーゼ・絆創膏・包帯・テーピング等)、サバイバルシート(エマージェンシーブランケット)※2、コースマップ※3、緊急時連絡用携帯電話※4
※1-山の天気は変わりやすく、雨が降った場合、急激に気温が低下します。自分の身を守るためにも必ず携帯ください。
※2-アルミ製の保温シート。本大会では、大会当日参加賞として全選手に1枚ずつ配布します。
※3-雨に濡れてもよいように防水パウチなどに入れておく。またはスマフォ等で確認できるようにしておくこと。
※4-事前に大会本部連絡先(0599-44-4450)を登録しておいてください。

その他、本人が必要とする装備品は制限しませんが、トレイル保護のため、ストック、ポールの使用は禁止します。
また、ダニやヒル等の害虫対策として、虫よけスプレーなどの準備をお勧めします。

更衣室・荷物預かりについて

  1. 南伊勢町役場3Fに更衣室(男女別)を設けます。
  2. 競技以外の荷物(着替え等)については、更衣室隣の部屋にてお預かりします。レースナンバーを申告いただき、スタッフに預けてください。引き取りの際はレースナンバーが分かるものをお持ちください。ただし、貴重品及び壊れ物については各自管理してください。主催者は紛失・破損の責任は負いません。。

スタート ポジションについて

スタート位置は自由ですが、自分の走力から予測して無理のない位置からスタートしましょう。また、スタート直前には混雑するので、早めにスタート位置に着くように心がけましょう。

チェックポイントについて

  1. 以下の6ヵ所のCPを設けます。ゼッケンの視認による通過確認が行われます。
    【CP1馬山山頂、CP2浅間山エイド、CP3大広山山頂、CP4白滝、CP5切原峠、CP6八大龍王神社】(コースマップ参照)
  2. ゼッケンを前面のよく見える場所に提示し、スタッフに自分のレースナンバーを口頭で伝えてください。

エイドステーション(給水所)について

  1. エイドステーションはロング6ヵ所、ショート3ヵ所設置します。水とスポーツドリンクを用意します。
  2. ゴミを出さないようにするため、紙コップは用意しません。必ずご自身で携帯用コップ(またはボトル、ハイドレーションバッグ等)をご準備ください。
  3. エイドステーション以外での個人的な援助は禁止です。

リタイアについて

チェックポイントでのタイムオーバーやトラブルなどで、リタイアする場合には近くのスタッフにお伝えいただくか、大会本部まで連絡をお願いします。回収車両を用意していますが、車両の待機場所までは自力で戻らなければならない場合もあります。山道をある程度以上の距離は歩くことになるので、余裕を持った判断(勇気あるリタイア)をお願いします。

タイム計測について

  1. タイムはレースナンバー裏に取り付けた自動計測チップを利用します。競技終了後、速やかにチップをご返却ください。
  2. 紛失等の場合には、実費5,400円(税込)をご請求させていただきます。

制限時刻について

  1. 以下のエイドステーションに関門時刻を設けます。
    関門時刻 場所
    ~12:00 白滝エイド(ロング・ショート)
    ~12:30 切原峠登山口エイド ※往路(ロングのみ)
    ~13:30 切原峠登山口エイド ※復路(ロングのみ)
    ~13:45 石標エイド(ロング・ショート)
    ~14:00 最終フィニッシュ(ロング・ショート)
  2. 関門時刻までに到達できなかった場合は、スタッフの指示に従い収容車にて大会メイン会場まで戻ってください。
  3. 制限時間内でも、完走が困難と思われる場合、主催者からリタイアを勧告する場合があります。

表彰について

  1. 入賞はロング・ショートの部それぞれ男女総合1~6位までと総合入賞者を除く年代別(29歳以下・30代・40代・50代・60代・70歳以上)1~3位までとなります。
  2. 速報リザルト、場内アナウンスで入賞者を発表します。表彰対象者はステージ前にご集合ください。
  3. 表彰式を無断で欠席した場合、副賞の郵送は行いません。

違反・失格について

  1. コースからの大幅な離脱(ショートカット)、他の選手への妨害、スタッフ・ボランティアに対する暴言、ゴミの投棄、その他環境破壊などに対して、スタッフが違反と判断し注意・警告を行い、改善されない場合は失格とします。
  2. 違反内容によりフィニッシュタイムにペナルティタイムを加算する場合もあります。
  3. 判定に不服のある場合は抗議申し立てを行うことができます。記録に関する抗議は速報リザルト掲示後30分以内、その他については競技終了後24時間以内に大会本部(または事務局)まで口頭、または書面にてご連絡ください。

注意事項

  1. ゴミは必ず、各自で持ち帰ってください。
  2. 当日は必ず健康保険証を持参してください。
  3. レース途中天候が悪化した場合やコースの状況により、主催者側で判断し中止する場合があります。
  4. レース中の事故については、応急処置のみ行いますが、それ以外の責任を負いません。
  5. 競技続行が不可能と判断された選手は、スタッフが競技を中止させる事があります。
  6. 競技以外の荷物についてはスタッフの指示に従い所定の場所をご利用ください。ただし、貴重品及び壊れ物については各自管理してください。主催者は紛失の責任は負いません。
  7. 違反内容によりフィニッシュタイムにペナルティタイムを加算する場合もあります。

申込規約

  1. 自己都合による申込み後の登録内容の変更、キャンセルはできません。また、過剰入金・重複入金の返金もできません。
  2. 年齢・性別の虚偽申告・申込み本人以外の出場(不正出走)は認めません。発覚した場合は出場が取り消されます。
  3. 地震・風水害・降雪・事件・事故等による中止の返金はいたしません。
  4. 大会出場中の映像・写真・記事・記録等の、テレビ、新聞、雑誌、インターネット等への掲載権は主催者に属します。